1. HOME
  2. 機能性素材
  3. 食品素材・添加物
  4. ビタミン K2 | サービステックジャパン
  • ビタミン K2

    2020.10.10

    ビタミン K2

    ビタミン K2

    ビタミン Kは脂溶性ビタミンの一種で、ビタミンK依存性タンパク質の活性化に必須であり、動物体内での血液の凝固や組織の石灰化に関わっています。ビタミン Kは主に2種類あり、野菜や海藻に含まれているビタミン K1(フィロキノン)と微生物が生成するビタミン K2 (メナキノン-7, MK-7)があります。Nature-MK7は伝統的な東洋の発酵食品で用いられているBacillus subtilis var. から製造されたMK-7です。ビタミン K1とは異なり、ビタミン K2 は石灰化を促進させる他に、培養人骨芽細胞の骨ホルモン、オステオカルシンの量を増加させるので、骨密度と強度を増加させる作用が知られています。

    生理活用

    • 骨粗しょう症、骨折の防止: 骨密度と強度の増加
    • 血管硬化の防止: 動脈、心血管健康の補助
    • 骨のカルシウムバランスの維持
    • 血液凝固促進

    製品の規格

      粉末タイプ オイルタイプ
    外観 淡黄色 黄色い液体
    臭い 特有な臭い  
    配合(MK7) 40%、10%、0.25% 10%、1.3%、0.25%
    3ppm以下 1ppm以下
    ヒ素 2ppm以下 1ppm以下
    カドミウム 1ppm以下 0.5ppm以下
    水銀 0.1ppm以下 0.1ppm以下
    一般細菌数 5,000cfu/g未満 1,000cfu/g未満
    酵母、カビ 100cfu/g未満 100cfu/g未満
    大腸菌 陰性 陰性
    サルモネラ 陰性 陰性
    賦形剤 無水リン酸カルシウム二塩基(オーダーメイド) 中鎖脂肪酸トリグリセリド(オーダーメイド)
    容量 1 kg 500 ml

     

機能性食品素材研究開発企業 有限会社サービステックジャパン 0422-20-1770  お問い合せ・資料請求はこちら